« trimming | トップページ | trimming »

2018年11月 2日 (金)

当院でのSFTSの発生について。

こんにちわ、皆さん元気にされているでしょうか?
季節の変わり目で昼夜の気温差が大きい時期ですのでくれぐれも健康にはご留意くださいhospital

さて当院で先日、ついに SFTSが猫ちゃんに発生してしまいました。

SFTSとはなんのことやら?
という方のために以下のリンクからお読みください。

SFTSとは?

一時期お茶の間を騒がせたマダニによる致死率の高い感染症です。




当時は人だけに病原性があり、マダニからしか移らないと思われてましたが今年、外で飼ってた猫に手を噛まれた女性がその SFTSで亡くなったことを受けて事態が変わってきました。

猫の唾液や目ヤニなどの分泌物中にウイルスが排泄されてることがわかり猫から人へ感染することが明らかになりました。

そして猫自体にも病原性があり長崎県内だけでも今年、20数頭近くが感染し、死亡しております。

いずれも外に出ている猫ちゃんになります。

また猫だけと思っていたところ、東彼杵の方ではチワワちゃんがそのSFTSに感染し命を落とした報告もあり犬と猫、そして人までが命の危機があるウイルスと常に隣り合わせの危険な状態にあることがわかってきましたsweat01

今までも同じ症状で亡くなったことはあったんでしょうがなにせ今年になって判明した事実ですのでそんなウイルスで亡くなっていたとは僕ら獣医師も知る由もなかったのですsweat02

犬猫に関しては有効な治療法もなく現状では点滴などの対症療法しかすることはできません。

当院で治療中の猫ちゃんは危ない状況でしたが治療に反応してくれて順調に回復しつつあります。

最大の治療と言うか予防はマダニに感染させないということですsign03

そうしないと飼い主さん自身がマダニのために命を失うかもしれませんimpact

トリミングや診察でも時々マダニをたくさんつけた子が来院されたりしますがあまりに寄生数が多い場合は診察をお断りさせていただくことも視野に入れております。

そうしないと待合室にいるペット達や飼い主さん、そして当院のスタッフ達にも危険が及ぶからです。

ウチのトリマーさんも自宅に帰ってシャワーを浴びてるときに足にマダニが食いついてたという経験をしたことがありますので…wobbly

外に出ている猫や、お散歩するワンコたちは毎月のノミダニ駆除はもう必須の事態になりました。

皆さんで安心安全なペット生活を送れるように努力していきましょう!

あっ、あと11月の手術の空き日程ですflair

11月も下旬くらいまで予約が入ってる状況で1番早い日で27日の火曜となっております。

予定されてる方はお早めにご予約ください。

それではいんちょでしたcatface

« trimming | トップページ | trimming »

ニュース」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

病院からのお知らせ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« trimming | トップページ | trimming »