« trimming | トップページ | trimming »

2018年12月28日 (金)

年末のご挨拶と講習会の感想。

こんにちわ、いんちょです
今年も残すところあと僅かですね、今年もウチの病院に来てくださった患者さま、ありがとうございました

これが今年のブログ納めになると思います

このあいだの日曜日に講習会に参加してきました
午前中診察してたのですがめちゃくちゃ混みましたので遅れて駆け込みました



この講習会は非常に興味深く出て良かったなと思いました。
その中でウチの患者さまでも多い胆泥症が特に面白かったです。



特に怖いのが胆嚢粘液嚢腫です。

胆嚢粘液嚢腫という言葉は聞きなれないかもしれません、皆さんに馴染み深いのは胆石だと思います。この胆嚢粘液嚢腫という病気になり、症状が出ると致死率はかなり高くなります。

体質的に高脂血症などの素因があったり食餌が悪かったりすると胆嚢の中に泥が溜まってきます、それをほっておくと胆石になったり胆嚢粘液嚢腫といって胆嚢自体がゴムまりのように変化してしまいます。





講師の先生も言われてましたがいかに胆泥の時点で食い止めるかが重要となります。

かと言って胆泥がかなり溜まってきても症状が出ないですし、症状が出る頃はほぼ手遅れの時が多いのでやはり人と同じで定期的な健診というのが唯一の方法となります

ウチの患者さまでもたくさん胆泥症の子はいますが飲み薬と低脂肪食で改善してる方が実に7〜8割いると感じております。

中には改善が乏しい子もいますが治療を続けることによってどんどん胆泥が増えてくるのを防いだり、また胆石や胆嚢粘液嚢腫に移行するのを防ぐ効果はかなりあると自負しております。
胆泥症の子で治療を続けてられる方でこの胆嚢粘液嚢腫に発展した子は今のところ皆無です。

なので早期発見早期治療が特によく当てはまる病気だと自分は感じております

他に胆嚢粘液嚢腫のオペの手技、慢性の下痢の治療や腸の腫瘍のオペの仕方もかなり勉強になりました。

そのまま患者さまに還元していけそうです

寒波が来ましたのでくれぐれもお身体ご自愛下さいませ。
あとついでに手術可能の日程ですが、1月は全て予約で埋まりました、最短は2月からになりますのでご容赦ください。(緊急性のの高い手術は日程擦り合わせながら随時行っております)

それでは今年もお世話になりました、来年もよろしくお願いします

« trimming | トップページ | trimming »

ペット」カテゴリの記事

病院からのお知らせ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« trimming | トップページ | trimming »